スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --時--分 ] スポンサー広告 | CM(-)

長らく更新してませんでしたが・・・

前回、オンラインに接続できないからということでOCGのデッキレシピを
掲載したりしてそれなりに更新してましたけど、またまた1ヶ月ちょっと
空白の期間が空いてしまいました。 何してんだ、アタシっ。

毎度毎度、言い訳がましい内容の記事ばっかり書かなきゃいけないのが
メッチャ苦痛で、正直どうしたもんかと頭を悩ませてたりします・・・。

さてさて、今回も私なりの事情があるわけではございますが、休んでた間に
病院で「え・・・?」とつい耳を疑いたくなるような診断をされました。


「突発性難聴ですね。」


わーい、歌手の浜崎あゆみと同じ病気だー。

・・・なんて、喜んでられる場合じゃありませんっ。
最後の更新よりもちょっと前くらいから、なんか耳に水が入ってるような、
耳を手で塞いでるような感覚が抜けきらなくて、それに加えてかなりの頻度で
耳鳴りがしてたってこともあったので病院に行ってみたら、精密検査へ回されて、
その後、上記のような感じで病名を言い渡されたわけですね。

そもそも、突発性難聴って何なの?って方のために説明を。
まぁ、ネットで調べた方が分かりやすいとは思うんですけども。


突発性難聴とは?
特に大きな前触れもなく、健康体の人がある日突然聴力を失い、
原因及び正確な治療方法さえも不明な病。症状はなんてことのない
耳鳴りから始まるケースもあれば、音が異常に響いて聞こえたり、
音程が狂ったりなど症状は人によって様々。基本的には片方の耳のみの
発症だが、ごく稀に両方の耳が難聴になる場合がある。周囲の人からの
理解がなかなか得られない、健康体での突然の発症によるショック等から
極度のストレスや精神的苦痛を強いられる例もあり、最悪の場合は
友人関係や家族関係を危うくする場合も十分にあり得る病気のこと。


私の場合、仕事は既にやめてる身だからこれといった苦痛ってのは
まだ味わってないけど、やっぱりショックは大きいし、周りの人に
理解してもらうのは無理がありますね・・・。だって、自分は本当に
耳が聞こえないのに「聞こえないんだってば!」って言ったところで
他の人には絶対真偽が分からないことですから・・・。

「誰かに呼ばれても気付かなくて、不快な気持ちにさせてないかな・・・」

とか、妙に不安な気持ちに駆られるんですよ、こーゆー時って。

「片方の耳は聞こえてるんだから、絶対聞こえるだろ!」

なんて思う方もいると思います。でもね、聞こえない方から突然
大きな声を出されたりしても、「へ?」ってなっちゃうんです。
私も「片方さえ聞こえれば生活に支障はないだろう」って考えてたけど、
人生そんなに甘かない。片方だけだと生活のしにくいこと・・・ orz

治療方法としては安静にすること、あとは適切な早期治療だそうです。
とは言え、発症の原因が不明なんだから「これだ!」って特定できる要素が
ほとんどないわけで、結果的にお医者さんが仮説を立てた上での治療になります。
私の場合はウイルス性による発症だろうということで、ステロイド剤投与による
カタチで治療することになりました。それでも、私の主治医が下した判断は、

「残念ですが、完治する見込みがあるかどうかは何とも言えません。」

とのことでした。完治するのは全体の約3分の1ほどなんだって。
仮に完治したとしても再発する人もいるようで、続く時は続くらしい。


長々と書いちゃったけど、皆さんも急な耳鳴りとか閉耳感とか感じた時は
ほったらかしにするんじゃなくて、なるべく早く病院へ行くことを
オススメしますよ (´・ω・`) 何事も早期発見・早期治療が吉です。
まぁ、こんな感じで精神的に打ちのめされてかなりショック受けてるのが
現状だけど、まだもうちょっとブログ更新とかオンライン接続するまでには
時間がかかりそうです・・・。

このブログを見にきて下さってる方やチームメンバーの皆様。
そんなに期待してくれてないかも知れませんが、今はこんなシュレリアでも
復帰する時は今まで以上にうっとうしいくらい元気になって、皆様の
元に参上したいと思っております。なので、もうしばらくは大目に
見て頂ければ、非常にありがたく思うのです・・・。

近況とかはまた追って書こうと思ってます。
それまで、しばしお待ち下さいませ。










でわ、今回はこれくらいで☆
[ 2009年11月24日 22時03分 ] シュレリアの日記的なモノ | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。